金属製品の艶を取り戻す!正しい方法で酸洗いを実践しよう!

金属製品の艶を取り戻す!正しい方法で酸洗いを実践しよう!

金属製品が傷む原因と洗浄の工夫

金属製品は使用環境によってサビや色落ちなどの不具合が生じることがあります。特に表面に微小な傷が付くと傷口から腐食が進み、サビの拡大に繋がってしまいます。サビは見栄えが悪いだけではなく、耐久性の著しい低下に繋がるので速やかに除去することが大切です。その一方で金属製品の汚れは市販の洗剤では洗い流すのが難しいので、酸性の薬剤を使う酸洗いが効果的な対処法です。薬剤に含まれる酸の作用でサビなどの汚れを溶解させるのが酸洗いの仕組みですが、金属製品の材質によっては薬剤の成分に過剰反応を起こすので作業の際は慎重に扱う必要があります。また、塗装が剥がれてしまうこともあるので塗り直しを前提に作業することを心がけます。

自宅で酸洗いを行う際の安全管理と環境への配慮

酸洗いは多くの場合、工業施設で行われますが対象の金属製品によっては一般の住宅でも行うことが可能です。酸洗いに使う薬剤は人体に有害な成分が含まれている物が多いので、作業の際は安全管理を徹底することが大切です。特にサビなどの汚れに反応して蒸発した薬剤を吸引すると重大な健康被害に繋がるので、換気や保護具の使用が不可欠です。また、飛散した薬剤が室内の壁や床を汚損するので衛生管理にも気を配るのが自宅での酸洗いを行う際の心得です。酸洗いで生じた使用済みの薬剤はそのまま廃棄すると少量でも環境破壊に繋がるので、専門業者に処分を任せるのが無難な対処法です。自分で処分する場合は有害な成分を分解する処理剤を使い、地域のゴミ出しルールに沿って廃棄するのが社会的なマナーになります。

酸洗いとは、おもに工業で使われる言葉で、金属を硫酸や塩酸などの酸性溶液で洗うことをいいます。メッキなどの前処理としてサビなどの汚れを取ることを目的に行います。