個人差があると言われても整形したい…!気になる部分をデザインしてもらおう

個人差があると言われても整形したい…!気になる部分をデザインしてもらおう

整形して臭いも摩擦もなくなる!

美容整形できるのは外から見える部分だけではありません。女性器の形に悩んでいる人は想像以上に多いのです。女性器の形にも個人差があるので、どの部分をどのように整形するかはその患者さんごとに違います。その中でも最も相談件数が多いのが、小陰唇に関する事柄です。ビラビラしたところが大陰唇からはみ出して恥ずかしい、左右非対称でみっともなく感じる…などの理由で手術する人がたくさんいます。10代の若い人から70代の高齢者まで、小陰唇縮小術を希望する患者さんの年齢層も幅広いのも特徴です。女性器に関しての悩みには年齢は関係ないことが分かりますね。この手術を受けることで小陰唇の形がバランスよくなることは勿論、下着との間での摩擦を減らせますし、恥垢が溜まりにくくなるので臭いの原因を絶つことができるんですよ。

丁寧に手術してもらおう

小陰唇縮小術は、小陰唇の余分な部分だけを小さく切り取って、最適な大きさと形状に整える治療法です。体の中でもデリケートなところなので繊細なテクニックが医師に要求されます。事前カウンセリングで説明責任をきちんと果たしてくれて、症例数が豊富な信頼できるクリニックで手術を受けましょう。アフターサポートがきちんとしているところだと術後のことも安心できますね。小陰唇は粘膜状なので血流量も多く、術後の回復は早いことから傷跡も残りにくいという特徴もあります。ダウンタイムのことなどをあまり気にしなくてもいいのは整形を考えている人にはいいことですね。

女性器整形をする原因には臭いや色、膣の引き締めが緩くなるなどが挙げられ手術をする事で自信を持つことが出来ます。