もう悩まないで。切らなくても治せる仮性包茎!?

もう悩まないで。切らなくても治せる仮性包茎!?

切るだけじゃない?!手術以外の治療法も…

仮性包茎の治療法と言えば手術!そう思われている方も多いのではないでしょうか?手術をするとなると、怖いし痛いしと不安をもたれる方も多いと思います。実は、手術以外にも治療法があります。切らずに治せるのであれば、それの方が良いですよね。
仮性包茎の場合は、ムキぐせをつければ治すことが出来ます。病院では皮をむいて根元をある程度固定する治療法や、むいてから糸で固定して戻らないようにする治療法などを選択することが出来る場合もあります。病院に行った際は、お医者さんとしっかり相談してみてください。

自分で出来る仮性包茎の治療方法!

先程もお話ししましたが、仮性包茎の場合はムキぐせをつけることで改善が見込めます。なので、自分でも少し気をつけることで改善につなげることが可能です。
自分で包皮を剥くことで亀頭が露出しますが、その状態を出来る限り維持しておくことが大切です。限界まで包皮を剥いている時間を長くすることを続けていると、少しずつ手を使用しなくても包皮が剥けた状態になります。亀頭は少しずつ、大きく成長します。包皮が亀頭を覆うことができなくなるようになれば、亀頭が包皮に覆われることもなくなります。毎日しっかりと意識をして心がけることが大切です。
そのためのワンポイントアドバイスとして、パンツはブリーフにすることをおすすめします。ブリーフは、包皮を剥いた状態のペニスを固定することができます。ペニスを上向きに剥いた状態をキープ出来るので癖づけを簡単に出来ます。仮性包茎に悩んでいて、切らずに治療したいと思っている方は、コツコツと包皮を剥くように努力を積み重ねてください。

包茎とは男性器の亀頭部分に皮が被っている状態のことです。主に、成長しきっても亀頭部分に皮が覆いかぶさっている状態のことを言います。