学校英語の限界とその解決方法を知りましょう

学校英語の限界とその解決方法を知りましょう

予備校を利用しましょう!

ビジネス英語といっても英語とは変わりありません。そのため、適切な英語学習をすればビジネス英語も習得することが可能です。英語を勉強しようと考えている人は予備校で英語を勉強してみることをおすすめします。大学受験でリスニングやスピーキングを問う問題が出題される学校が珍しくなくなってきました。その傾向に対応するべく予備校ではさまざまな観点から英語を学ぶことができるようになっています。そのため、予備校ではネイティブがよく使用するフレーズや英単語を効率的に学習することが可能です。しかも、予備校講師は説明のプロなので、英語が初心者の人であっても安心して授業を受けられます。英語に苦手意識を持っている人はまず予備校を活用してみましょう。

誤解されやすい単語を正しく知ることができる

予備校では英語と日本語の違いについてもきちんと説明してくれます。midnightという単語を誤解している日本人はとても多いです。以前は航空会社の飛行機に搭乗していると、「現在、真夜中の23時です」というつもりでIt is eleven o’clock midnight.とアナウンスされていました。しかしながら、これでは「午後11時であり午前0時でもあります」という意味になってしまいます。midnightは「真夜中」ではなく「夜中の12時」という時点を表す語です。したがって、「午後11時」と言うならIt is eleven o’clock p.m.とするかIt is eleven o’clock at night.にしないといけません。このようによく誤解される英単語にについてニュアンスも含めてしっかりと予備校では学習できます。

ビジネス英語とは主にお仕事で使用する英語のことです。日常英語に比べて、丁寧な表現や遠回しな表現、目上の人や部下、お客さんなど状況に応じて表現を使い分けます。