製造業内で大活躍!代表的なCAD3選をご紹介

製造業内で大活躍!代表的なCAD3選をご紹介

回路図を入力するためのCAD

最近の電気回路の設計は、回路図をCADで入力しています。CADを導入するメリットとしては、手書きよりも素早く入力できることと、回路図入力をした後でシミュレーションができ、回路の動作を確認できることです。また、回路図の配線チェックなども行ってくれるため、回路のミスが少なくなるのも利点です。CADにて回路図入力をする手順としては、最初に部品の配置をしてその後で配線をなっていきます。

プリント基板を設計するためのCAD

最近はプリント基板の設計もCADにて行われています。最近のプリント基板は小型化に伴い多層化が進んでいます。また、部品に関しても表面実装タイプが多くなっています。そのため、CADにてグラフィカルに表示しないと設計が困難になっています。多層基板の場合は、CADでは層ごとに色分けがされているため、一目で見て何層目の配線かがわかるようになっています。なお、先述した回路図入力CADとの連携も取れているのが一般的で、回路図入力CADの部品データとネットデータをプリント基板設計CADに取り込めるため、インタフェースもスムーズになっています。

機構系の設計のためのCAD

近年は製品のデザインもCADを利用するのが主流になってきました。一般的に、機構系CADと呼ばれるものを利用しますが、パーツごとにデザインを作り込みCADの中で組み立てる用に設計をしていきます。最近は3DCADが主流となっていて、完成したデザインを立体的にモニターに表示して3Dにてデザインを確認することが可能になっています。また、そのデータを3Dプリンターに転送することで、手軽に3Dデザインの試作品を作れるようになってきています。

電気CADとは電気工事の配線や配管等の設計図をパソコンで作成する際に用いられるソフトウェアのことです。