知っておこう!放送の違いで使用するアンテナは異なる

知っておこう!放送の違いで使用するアンテナは異なる

地上デジタル放送はUHFアンテナ

地上デジタル放送を受信するためには、UHFアンテナを使用します。UHFアンテナは八木アンテナと呼ばれるタイプのもので、長い棒に枝のように短い棒が接続されているタイプのアンテナです。かつて使用されていた、アナログ放送用の八木アンテナよりも細長いのが特徴です。設置する時には、放送局側にアンテナを向ける必要があります。東京に住んでいる場合は、東京スカイツリーの方向にアンテナを向けます。他の地域では、地区ごとに放送基地局がありますので、その方向にアンテナを向けることとなります。

衛星放送を見るにはパラボラアンテナ

BSやCSなどの衛星放送を見るためには、お椀状のパラボラアンテナを使用します。設置の際には、BSとCSでは衛星が異なりますので、方向が異なりますが、現在のアンテナではある程度余裕を持って設計されているため、ある方向を向けるとBSもCSも一つのアンテナで視聴できるようになっています。なお、パラボラアンテナは、お椀状になっていますので、雪などが積もりやすいですが、現在はオフセットタイプと呼ばれるパラボラアンテナが主流となっていますので、傾斜角がきつくなっているため雪も積もりにくい設計となっています。

UHFアンテナとパラボラアンテナの信号は混合可能

UHFアンテナから受信した信号と、パラボラアンテナから受信した信号は、同軸ケーブルと呼ばれる1本のケーブルに混合することが可能です。そのため、2本の線を家に引き込まなくても、アンテナ受信直後で混合すれば、1本のケーブルのみを家に引き込めば両方視聴できます。

携帯電話の基地局設置のアンテナ工事は、地権者はもちろんの事、近隣住民への周知徹底を事前に行った上で実施されています。